×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちょーぐるとという乳酸菌商品に対するネットでの検索件数の傾向

インターネットというツールは、商品検索のためによく用いられます。乳酸菌の商品を、例外ではありません。お通じに関する状況を改善したいので、ネットで様々な情報を調べている方々も多く見られるのですね。
ところで乳酸菌に関連する商品の1つに、ちょーぐるとがあります。いわゆるヨーグルトの一種なのですが、それをネットで調べている方々も非常に多いのですね。お通じなどを改善させる為にちょーぐるとに関する情報を調べている訳ですが、そもそもネットには検索件数の傾向があります。件数が多い時期と、そうでない時期があるのですね。

 

 

だんだんと検索件数が伸びているちょーぐると

 

ちょーぐるとという商品の場合、2つの特徴があります。1月と5月の検索数と、ここ最近の増加傾向ですね。
まず後者なのですが、2年前の検索件数の平均値は、大体が13万件前後という数字になっていました。ところが去年になってから、その件数はさらに増加しているのです。去年の場合は、平均値は14万件前後ですね。
さらに今年に入ってからもネットでの検索件数は増加していて、現時点では平均が15万件前後になります。つまりここ2年間で、ちょーぐるとという商品に対する検索件数が、だんだんと増加してきている訳ですね。ちょーぐるとに対する需要は、ここ最近は増えてきているのでしょう。つまり売れ行き好調な商品の1つという事になります。

 

1月と5月の検索件数が増えている

 

それと前者の1月と5月の傾向なのですが、その2つの月はかなり数が多めなのです。まず去年の1月なのですが、検索件数は年間を通して一番多い数になっています。実に20万件以上だったのですね。前述のような平均値ですので、際立って数字が大きい事だけは確実でしょう。また5月もかなり検索件数が多く、17万件前後という数字になっています。ですので少なくとも去年は、1月と5月の検索件数が多い事だけは確実ですね。
また今年に入ってからは、1月の検索件数は16万件前後という状況ですし、5月の件数は17万件前後なのですね。
ですのでちょーぐるとという商品は、1月と5月に需要が高まっている事だけは確実です。1月に需要が高まる原因は、やはりインフルエンザでしょう。免疫力を高めたいと思っている方々などは、ヨーグルトに興味を持っているものです。また5月などは花粉症が心配な時期ですね。ちょーぐるとはヨーグルトの一種なので、花粉症に対する期待感によってその情報を調べていた方々は多かったのだと察します。